「慢性炎症」を抑えることが、老化を防ぐ

shellwomb_alphapini28_enshou1_1611

先日、NHKスペシャルで

「健康長寿100歳センテナリアンの世界」という特集をみました。
幸福満足度の高い健康長寿の秘訣は、

「慢性炎症を抑える」ことが大事とのこと。
今、健康のキーワードとして最も注目されています。

そして化粧品業界が注目しているのが、肌内部の「隠れ炎症」。
常に大気汚染や紫外線など外部から刺激を受けている肌は、ダメージを免疫機能で修復しきれず、
小さな炎症が内部でくすぶっている状態。
日常的なダメージの積み重ねによる、肌内部の慢性的な炎症を防ぐことが、
疲れてる?なんていわせない美しい、幸福な肌への道!!

そこで、スタッフイチオシ新商品の「カシガレイ ブースターセラム」
自律成分“アオノクマタケラン”配合の導入美容液です。

“アオノクマタケラン”の植物エキスは、
東京農工大との共同研究により、
皮膚の炎症やかゆみを抑え、バリア機能を改善することが実証されました。
肌本来の力を高める天然成分としての有効性・安全性も認められ、特許も取得した成分です。

www.kashigarei.jp/brand/

 

最近増加傾向にある敏感肌や、
加齢やストレスで刺激を感じやすい現代女性の肌内部の不調を整え
チューニング。肌本来がもっている力をひきだし、自律した肌へと導いてくれます。

とくに、この寒暖差の激しい時期の揺らぎがちな肌に即効性を実感!
ブースター(導入美容液)なので浸透力が違います。
ビタミンCをとじ込めたセラミドリポソームや
酸化・糖化も抑え、コラーゲン生成をサポートする植物エキスも。
天然由来成分97%でできた美容液。
肌力を飛躍的に高め、この冬を乗りきる最強のアイテムです!

www.kashigarei.jp/booster/