紫外線と肌について・・・

この時期、「そろそろ紫外線対策はじめなきゃいけないよね?」なんて思い始めた方がいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、紫外線についてお話ししますね。

 

Q.紫外線の種類は何種類?
A.大きく3種類になります。
紫外線の種類は、まず長短別に分類されます。

長い順に「 ①A波 ⇒ ②B波 ⇒③C波 」となりますが、短いほどエネルギーが強いため、人体に悪影響を及ぼすといわれていますね。
でも短いほどオゾン層で吸収されてしまうので地上には届きにくくなるため、影響を受けるのはA波とB波になります。
その割合は、A波9割に対してB波1割。
しかしながら、B波は1割と少ないからといって、A波の1000倍も表皮にとって有害と言われているので、ABどちらも油断なりません。

美白ケアを始めるタイミングとしては、まさに“今から”と言えます。特に4月~8月の紫外線量は2月の3倍と言われております。

UV-A波は窓ガラスも透過するので、室内や曇りの日でもケアは必要です。

紫外線を完全に防ぐことは日常生活では非常に難しいので、紫外線を浴びた肌が正常に整うように、しっかりケアをしていきましょう!

 

【紫外線の種類】

①UV-A波・・・一番地上に多く届く95%がA波だが弱い。
②UV-B波・・・地上に5%ほどしか届かないが、強いため大きな損傷を起こす。
③UV-C波・・・一番強い紫外線だがオゾン層に吸収されてしまい地上へは届かない。


 

お手入れ&ケア
●洗顔料を見直す
冬の間に溜め込んだ古い角質をケアする洗顔と潤いを保つ洗顔を状況にわけて使い分ける。きれいな女性は洗顔でつくられます。

≪ ボタニカル酵素洗顔 ≫
こちらから >

 

●潤いバランスを保ち乾燥を防ぐ
乾燥している肌は紫外線の影響を非常に受けやすい状態です。
常に肌の水分量を維持できるようにスキンケアの見直しも大事なことです。

≪ 98%植物由来成分の化粧水 ≫
こちらから >

 

●UVケアは忘れずに
家の中にいても紫外線は存在しています。UVケアできる下地やサンケア剤をしっかりつけて守るケアは忘れずに。
海や山など行楽地へいくということでない限り、ウォータプルーフは使わないで優しい日焼け止めにするなど、使い分けがおすすめ。

≪ メラニン合成抑制成分配合のジェル乳液 ≫
こちらから >

 

2017-03-31 | Posted in スキンケアComments Closed