! ちょっと待って。その「日焼け止め選び」

「SPFの数値が高ければ高いほどいい。」

「強ければ強いほどいい。」

「SPF50は当たり前。」

そんな考えだけで日焼け止めを選んでいませんか?

 

 

日頃、化粧品売り場を見ると、

日焼け止め効果の高いファンデーションがズラーッと並んでいて、

そんな光景からも春の訪れを感じます。

 

「美肌のためには紫外線防止が大事」

これはもうご存じですよね?

 

一年中欠かさずしっかりと日焼け止めを使っている、

というお客様もたくさんいらして、

意識の高さに感心してしまいます。

 

「私は、こういうタイプの日焼け止めを使っているんだけど、

泡洗顔だけで落とせるかな?クレンジングした方がいいかしら?」

というご相談もよくいただきます。

 

その中で時々気になることが・・・。

 

「お使いの日焼け止めの容器に、使い方は書かれていますか?

落とす時はどうすればいいか書いてありますか?」と尋ねると、

「今読んでみたら、落ちにくいから専用のクレンジングを

使うようにって書いてある!

紫外線が怖いから、一年通して

日焼け止め指数が高くて落ちにくい日焼け止めを使ってるのよ」とのこと。

 

これはちょっと心配です。

 

日焼け止めのSPF・PAという指数は、

大きければ大きいほど紫外線を防御する効果が高いのですが、

その分お肌への負担も大きくなります。

 

そして汗や皮脂に強い“落ちにくい日焼け止め”を

しっかり落とせる専用のクレンジングは、

洗浄力が高い分お肌のうるおいや皮脂も取り去ってしまいがち。

 

一年通して毎日使うのは

SPF値10~30・

PA値が+~++

程度の日常生活向けのものを選んでください。

 

SPF50+など数値が高いものは

海や山にいく日・アウトドアのスポーツをする日・海外旅行の間など

「特にしっかり守らなくちゃ!!」という場合にだけ使うようにしましょう。

 

そして、最後にもう1つ。

「日焼け止めは一年中。そして毎日!!」

毎日というところがポイントです。

紫外線は曇りの日も雨の日も降り注いでいます。

気象庁のデータによると曇りの日は快晴の日の60%、

雨の日は快晴の日の30%もあるそうですよ!!

油断大敵ですね。

 

2018-04-10 | Posted in スキンケアComments Closed